ブログに関するご意見・ご感想等は、『お問い合わせ』よりお送りいただきますよう、お願いいたします。

講演会は大切です!

三連休は、本日だけお天気良かったですね。

私は、土曜日は、午前診の後、患者さんの家族から急に呼ばれて往診に行き、クリニックに帰って来てから事務作業をして、それからスポーツクラブに行き、それからまた事務作業をして終電で帰ってまいりました。

昨日も出かけて忙しくしていましたので、本日は家でゆっくりしています。外に出ない日が、三連休の中で一番天気が良かったのが、ちょっと悔しいですね。

本日は夜になり、気温が下がっています。ただ今の我が家周囲の外気温は11℃しかありません。しかし室温は24.6℃あり、高高住宅の有り難みを感じています。

本日、ネットでニュースを読んでおりますと、読売新聞調べで製薬会社が医師の講演の謝礼で、10社で昨年一年間で110億円払ったことが話題になっておりました。

しかし、講演会は毎週全国で多数開かれており、医師が一回の講演でもらう謝礼はそれほど大したものではありません。それを言い出せば、有名人を講演に招聘するのに、どれだけのお金がかかるか・・・ちょっと名前が知られている程度の人でも、最低50万円くらいかかります。ましてや、誰もが知っている有名人だと100万円を超えてしまいます。

それなのに、なぜ医師の講演料だけ叩かれるのでしょうか?私自身も何度か講演をさせて頂いていますが、下準備の苦労を考えれば、講演料はつり合いません。

医師の中には、毎週のように講演されている方もおられ、そういう方にとっては、講演は良い収入源なのかもしれませんが、その方にはそれだけのオファーがあるということで、多くの医師がその方の講演を聞きたがっているということです。

私のように1人で仕事をしておりますと、講演会が大切な勉強の機会であり、医療情報の情報源になっております。

このような偏った報道で、講演会が無くなってしまわないようにお願いいたします。

2週間休んでしまいました!

ブログを再開したのに、またちょっと休んでいたら、ちょっとのつもりが、ほぼ2週間休んでしまいました。たぶん、読んでいる人はかなり減ったと思いますので、ブログを始めた頃と同じように、日記みたいな適当な文章も書いて、なるべく更新する機会を増やしたいと思います。

本日は良いお天気ですね。私は実家にでも行こうかと思って実家に電話したら、親が居ません。良いお天気なので、どこかに出かけたのでしょうか?・・・・という訳で、ちょっと部屋の掃除をして、換気システムのフィルター掃除をして、結局どこにも出かけず家におりますので、ブログの更新をしたいと思います。

最近、公私ともに忙しいです。おかげさまで、クリニックに来られる患者さんは着実に増えておりますが、スタッフの頑張りにより、平均待ち時間は以前よりもかなり短くなっております。

乳がん検診は、なるべく予約をお願いしておりますが、その予約がなかなか取りにくい状況になっております。午後診の予約枠を増やすことを検討しておりますが、午前診に受診を希望される方が多いですね。午前診の予約枠を増やすことも検討課題ではありますが、他の患者さんをお待たせすることにもなりかねず、なかなか難しいです。

お急ぎになる方は、予約なしでも検診させていただいております。ただし、午前診では、かなりお待たせしてしまうことがあります。お急ぎの方は、月曜・水曜・金曜日の午後診に来られることをお勧めいたします。

月曜日から土曜日まで忙しくしておりますと、日曜日に何もする気が起こらず、ダラダラしてしまいます。普段の反動ですね。しかし、家でじっとしていても、明日からの仕事に対する活力にはならず、今からちょっと出かけてきます。

11月の田中先生の乳腺セカンドオピニオン外来は11日です。

毎月第1火曜日に行っておりますリボン・ロゼ田中完児乳腺クリニックの田中先生の「乳腺セカンドオピニオン外来」は、11月は、田中先生の都合で第2週の火曜日11日に変更いたします。

ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

プレゼンテーションはむずかしい・・・その5

台風ですね。本日日中は、大したこと無いと思っていましたが、今になって、風雨とも強く、大嵐です。私は出かけておりましたが、ひどくなる前に帰って来られて良かったです。

さて、最初に話題にしたのが半年以上前で、もういい加減終わらせないといけない話題の最終回です。

前回は、抄録締切期限後に抄録を書き始めて、なんとか発表の原稿を書いたところまででした。

本番の研究会の発表する場所は滋賀県大津市の琵琶湖に程近い会館でした。栄養学という畑違いの研究会でしたので、私は他の発表に全く興味がなく、発表まで琵琶湖のほとりでブラブラいたしました。

私が発表を行った時に会場からの質問はなく、座長の先生からいくつか質問を受けましたが、まあ無難に答えることができました。もともと、栄養学とは少し違った趣旨の発表ではないか?と心配しており、会場の方々からはあまり興味を持てなかった内容だったかな?と、その時は思いました。そして、大学病院の仕事が残っていましたので、当然のごとく、私は自分の発表が終わったら、他の人の発表を聞くこと無く、さっさと帰って、病院に戻りました。

ところが、それからしばらく後、ある栄養学の雑誌から、その研究会の発表に対する原稿依頼が来ました。つまり、雑誌側のほうから、研究会の内容を論文にまとめて発表して欲しい、という依頼が来たのです。研究会で発表した時の座長の先生が、私の発表を、優れた研究として推薦してくださったようです。

そこで、さらに症例数を増やして、統計も取り直して論文にいたしました。気乗りのしない発表でしたが、こうやって論文になって実を結びました。最初は、いつものとおりの理不尽な教授命令だと思いましたが、うれしい思い出として記憶に残すことができました・・・・

めでたしめでたし・・・・昔の話なのですが、オチが何もなく、単なる自慢話みたいになってしまいました。それが嫌で、書いている途中で書く気をなくし、延ばし延ばしにしていたましたが、ブログ休止期間を経て、読む人も少なくなっただろう、ということで、最後まで書くことができました。

ブログを再開いたします!

まる一ヶ月以上空いたブログの更新です。様々な細かい事情が重なり、ブログ更新が叶いませんでした。この間に起こった出来事で一番大きなことと言えば、御嶽山の噴火でしょうか?一度御嶽山に行きたいと思っていたのですが、もう、生涯無理になってしまったかもしれません。

日本人3人がノーベル物理学賞を受賞したのも大きなニュースでしたが、私にとっては、女優の山口淑子さんが亡くなったことが、もっと大きな出来事でした。私は、直接は、「3時のあなた」の司会とその後参議院議員として活躍されたことしか知りません。しかし、この方の第二次大戦前から戦後にかけての数奇な人生は、話を聞いただけでも、スゴイと思います。お亡くなりになり、あらためてこの方の自叙伝が売れています。現在でもAmazonでは、一部の本が品切れになっていますね。

多くの患者さんから、「先生、ブログお止めになったのですか?」と聞かれたり、「先生、お元気だったのですね。」 などと言われたりしました。

ブログを休んだ一つの理由が、多くの方に読んでいただいたことです。反響が大きくなっていくのが分かって、かなり窮屈になっておりました。大したブログでは無いと思うのですけどね。

最初の頃はどんな話題でも取り上げましたが、最近は政治の話題などは取り扱わないようにしております。しかし、こうやって、休止期間を設けますと、読者の方が減って、少し気楽に書けるような気がします。

また、ぼちぼち書き始めることにいたします。

With You 関西 2014

次の日曜日、つまり9月7日に「With You 関西」を行います。13時から、場所は梅田スカイビル タワーウエスト36階です。

「With You」は、乳がん患者さんとそのご家族の方が、今後の治療とケアを、スタッフも交えて一緒に考え、より良いライフスタイルにしていくための会です。

詳細は、下のポスターをクリックして大きくして、詳細をご確認ください。乳がんにかかかられた方とそのご家族の方であれば、どなたでも参加していただけます。

私も実行委員の一人ですので、当日参加いたします。

事前参加申込は締め切りましたが、当日参加も可能です。直接会場までお越しください。

仕事したなぁ~!・・・その1

本日は、わりと涼しかったですね。朝の情報番組「す・またん!」の天気予報では「長袖でも・・・」と言っていたようなのですが、そこまでではなかったものの、過ごしやすい1日でした。私は、今朝起きるまで、本日が雨とは知らなくて、起きてみたら、まあひどい雨で、最近つくづく雨が多いことに呆れてしまいました。梅雨の時より、梅雨が明けてからほうが、はるかに雨量が多いですよね。

さて、本日は午前診だけでしたが、午後から関西医大滝井病院に行き、乳腺外来で仕事をいたしました。病院に入ってみますと、乳腺外科の外来の場所が変わったという案内がありました。私は全く聞かされておりませんでした。病院の案内に従い行ってみますと、昔々、私がまだ研修医時代には、救急外来や緊急検査室があった辺りの部屋でした。

外来に入ってみますと、まるで倉庫のような部屋で、そこを適当に間仕切りして、急ごしらえの外来、と言った感じでした。壁の上方が開いているため、隣の診察室での話が筒抜けで、その声は待合にも確実に届き、「個人情報はどうなってるのか?」と、思わざるを得ません。デリケートな病気を扱っているはずなのに、なぜこんな部屋に追いやられたのか?今度乳腺外科科長に聞かなくてはいけません。2年後には新館ができますが、まさか今後二年間この部屋で診療するのでしょうか?・・・・幸か不幸か、9月の前半に、その先生に何回か会う予定がありますので、そのことも聞いてみなくてはいけませんね。

その部屋で、主に乳がんの手術後の患者さんの診察を、乳腺エコーをしながら行いました。この病院の形成外科に乳房再建手術に熟練した先生がおられ、乳房再建の手術を受けられた患者さんも多く診察いたします。再建された乳房と手術創を視触診し、再建された乳房の中をエコーで観察することは、当クリニックではあまり経験しませんので勉強になります。

予約患者さんの診療を終わらせ、「さあ、帰ろうかな?」と思った時に、ナースから「先生、もう1人患者さんを診ていただけませんか?手術後の患者さんで、手術したところがかなり痛いらしく、☓☓先生も『あまり痛かったら、診察に来てください』と言っておられた患者さんなのですが、☓☓先生が病棟患者さんの急変(急に病状が悪くなること)で手が離せなくなったので・・・・」ということで、もう1人診察いたしました。

・・・・実は、ここからが本題なのですが、長くなりますので、続きは「その2」で書きます。

プレゼンテーションはむずかしい・・・その4

最近、お天気が良いと思ってもいつの間にか曇って雨が降ってきて・・・・みたいなおかしなお天気が続きますね。本日も、朝方雨が降り、その後晴れて、また夕方に雨が降りました。

ところで、1週間前のブログで、特に原因もなく左足が痛いと書きましたが、その後順調に痛みが引いて、昨日はスポーツクラブに行きました。あの痛みは何だったのでしょうね?患者さんの何人かから心配されましたが、今は全く問題ありません。

先週土曜日には、何週間か前に約束した飲み会にも普通に行って来ました。そこの居酒屋で偶然会った人物から「会ったことをブログに書いて欲しい」と言われたましので・・・・書きましたよ~!

さて、3月30日に書いた「プレゼンテーションはむずかしい・・・その3」の続きです。前回が5ヶ月近く前ですから、私も何を書いていたのか忘れました。なぜこんなに間が空いていたのか・・・って言いますと・・・・それは最後にわかります・・・・

前回は、教授命令で、興味のない研究会で発表しなくてはならなくなり、抄録締切日当日から、発表に向けて動き出したことを書きました。

食道がんにかかり何らかの事情で手術ができなかった患者さんたちに栄養学的問題が多かったため、過去に手術をせずに抗がん剤治療と放射線治療だけを行った患者さんのカルテを、急いで集めました。そして、血液検査結果のデータの治療前と治療中・治療後の経過と、患者さん自身のその後の経過を分析いたしました。過去を遡るいわゆる後ろ向き研究ですね。当たり前ですが、前向き研究(今後の新しい事象に対する研究)をしている時間などありません。

一般的な血液検査では、血清総タンパクやアルブミンや、白血球の中のリンパ球数やコリンエステラーゼと呼ばれる肝臓の酵素などが栄養の指標として使用されます。このようなデータを統計的に解析して抄録を送ったのが、期限3日後でした。

実は、抄録を送った段階では、明確な結論が出ておりませんでしたが、なんとなく「ものになりそうだ!」という気がしましたので、見切り発車したのでした。抄録の投稿から発表までは時間がありましたから、その間にさらに多くの患者さんのカルテを集めて症例数を増やして、データを、いろいろ単独もしくは組み合わせて統計をとり、栄養に関する計算式に当てはめたりして、ある一定の結論が導き出せました。

ということで、なんとか発表にこじつけました。それは、「その5」に書きます。「その5」で最後にしますが、なるべく早く書くことにします。

本日から診療を再開いたしました!

本日は、それほど暑くなく、雨も降らず、まずまず過ごしやすかったですね。

本日は診療が再開され、午前診だけでしたが、多くの患者さんに来ていただきました。お待ちいただいた患者さんには申し訳なく思います。例年は、当クリニックにいつも来られている方には、この期間は薬を長く処方して、来週以降来院していただく方が多いため、いつも診療を再開したその週は、それほど患者さんが多くないはずなのです。例年スロースタートにしていたはずですが、今年は最初からフルスロットルでした。

ただ、私のブログで確認いたしましたが、昨年の夏休み直後も結構忙しかったようです。年々忙しくなっていきますね。

さて、その中で、本日は、広島県福山市から、乳がん患者さんがセカンドオピニオンを求めて来られました。とは言っても、福山からわざわざ当クリニックに来られたわけではありません。大阪医大に来られたのですが、本日木曜日は、乳腺外科の外来診療はなく、気の毒に思われた大阪医大病院の受付の方が、当クリニックを紹介されたのです。

進行乳がんの患者さんですが、詳しいことは個人情報のため書けません。まあ、大ざっぱに書きますと、この方の乳がんは、ホルモン治療の効果がなく、分子標的治療薬の効果が期待できるタイプです。腫瘍が大きいため、今までにかかった、広島市内の病院では、手術前に抗がん剤治療を受けることを勧められていました。

ところが、ご本人は、ご自身がインターネットなどで調べれば調べるほど、手術も抗がん剤治療も合併症や副作用が怖くて、なかなか受け入れられないご様子でした。

分子標的治療薬が効果があるのなら、副作用の少ない分子標的治療薬単独の治療を希望され、しかも手術せずに放射線治療を受けることを希望されているようでした。

私は、これらの治療法は、いずれも明らかな効果が得られるとは限らず、最も適切な治療とは言えないことを説明いたしました。特に進行乳がんに対し、手術をせずに、放射線治療をすることはありません。

また、広島の病院で提示されたのは、分子標的治療薬も使用する最もオーソドックスな抗がん剤の方法で、大阪医大乳腺外科でも使用されている方法の一つです。そのため、私は、提示された抗がん剤の方法が多くの患者さんに使用され、効果も実証済みであることを説明いたしました。この方の血液検査結果も見せていただきましたが、特に問題がなく、抗がん剤治療に耐えられるとお話いたしました。

「先生にそう言っていただけるとうれしいです。私はここまで通いますので、先生の治療を受けたいです。」と言われていましたが、福山から通院されて、不幸にも副作用が強く出た時に、フォローもできませんから、「なるべくお近くの病院通われるのが良いですよ。」と説明し、また、早く治療を受けるようにお話いたしました。

「ここまで来た甲斐がありました。」と言っていただけて、私もホッといたしました。こんなことがあり、他にも、いきなり来られて乳癌を強く疑わせる患者さんに針生検をしたり、皮膚のしこりを取ったりなどして、午前診は13時までの受付ですが、実際に診療が終わったのが14時半でした。

今年もあと4ヶ月あまり・・・・これからさらに忙しさが増すことを予感させるスタートでしたが、なんとか12月まで突っ走りたいと思います。

明日から通常どおりの診療です。

本日まで夏休みをいただいておりましたが、明日21日木曜日から通常どおりに診療を再開いたします。

よろしくお願い申し上げます。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 109 110 111 Next
  • 乳がん検診Q&A
  • 乳がんQ&A
  • 禁煙外来Q&A
  • 肝臓病Q&A
  • 院長ブログ
  • QRコード

    QRコード
    モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください