ブログに関するご意見・ご感想等は、『お問い合わせ』よりお送りいただきますよう、お願いいたします。

むかし、自称ギター少年でした!~後編

 本日は、木曜日で午前診だけでしたが、年末のためか大変忙しく、診療が終わってカルテを書き終わったのが15時を回っておりました。本日は関西医大滝井病院に行く日でしたが、病院に電話して、病院に行けるのが16時を回ることをお伝えしますと、滝井病院の優しい後輩が「代診します」と言ってくれて、大学病院の患者さんをあまりお待たせしなくて済みました。

という訳で、仕事が終わって帰宅いたしましたが、本日は家人がおらず、一人だけのクリスマスです。

さて、自称ギター少年だった頃の話のつづきです。当時私は松原正樹さんのギターテクニックに憧れました。まあ「ギター少年」と言いながら、フォークギターしか持っていませんでしたし、大して練習もせず、ギター仲間から「もっと練習せい!」と怒られる腕前でした。

しかし私は、自分はできなくても、人を見る目は確かです。フュージョンギタリストとして松原さんは、そのテクニックや音の豊かさで、日本を代表していると思います。ただこの方、外見が今ひとつで地味ですから、高中さんや渡辺さんほど有名にはなれませんでした。しかし、スタジオ・ミュージシャンとしても活躍され、松田聖子さんや松任谷由実さんなど「トップアーティスト」と呼ばれる人たちと共演されています。

今回紹介しますアルバム「PAINTED WOMAN」は、前作「SNIPER」に続く松原正樹さんのオリジナルアルバムで、リー・リトナーと多く共演しているエリック・タッグがボーカルとして参加しています。昔、TOTOやクリストファー・クロスに代表される「AOR」という音楽のジャンルが人気ありましたが、エリック・タッグは、まさに典型的なAORの歌手で、そのクリアな歌声が爽やかで耳に心地よいです。

そのようなアルバムの中で、私が取り上げたいのは「NIGHT SCANNERS」というインストゥルメンタルです。はっきり言って、ほとんど無名な曲ですが、当時、この曲の松原さんの演奏を一生懸命コピーして練習したものの、当たり前ですが、松原さんとは似ても似つかないような演奏しかできず、それでも、結構弾いていたことを思い出します。

むかしむかしの話ですが、なぜか今になって、急に聞きたくなりました。という訳で、本日のBGMです。この曲を聞きますと、もう一度ギターが弾きたくなります。ギターが手元にないため、エアーギターで弾いておりますが、それだと完全に松原さんになりきって完璧に演奏しています・・・・などと、こんなくだらないことを書くのも年末だからとお許し下さい。

71hKs+QiayL._SL1000_

 例によって、上の写真をクリックしていただきますと、Amazonに飛びます。

むかし、自称ギター少年でした!~前編

本日は、それほど寒くなかったですね。ただ今の我が家周囲の外気温は4.5℃、室温は23.6℃、湿度は30%です。マッハシステムでエアコンを一台点けて全館暖房をしています。

さて、クリスマスが近いこともあって、音楽ネタをしたいと思います。「どう関係あるんだ?」って聞かれそうですが、なんとなく関係ありそうでしょ?なんとなくですけどね・・・・

大学生の時、大学の先輩(ただし中退・・・・卒業して国家試験に合格していれば、異色の経歴としてマスコミが放っておかなかったと思いますけどね・・・・)がリーダーを勤めるナニワエキスプレスという有名なフュージョングループが学園祭に来ましたが、私が大学生の頃、「フュージョン」というジャンルの音楽が流行しておりました。本来、人気のあったナニワエキスプレスが、ウチの小さな大学の学園祭に来てくれたのも、ひとえにリーダーの清水興さんがウチ出身(ただし、何度も言いますが中退です)というご縁があったからでしょうね。

もともとは「ジャズ・フュージョン」などという言い方をして、ジャズをベースにして、それにいろいろな音楽を融合(フュージョン)させて造った音楽です。

もっと昔、マイルス・デイヴィスが「Bitches Brew」というアルバムなどで確立させた「クロスオーバージャズ」と言われていたジャズのジャンルを発展してできたのがフュージョンと考えるべきでしょうね。

当時有名だった日本のフュージョングループは、ナニワエキスプレスの他には、カシオペアやT-SQUARE、それにプリズムでしょうか?

個人の日本人で有名だったのは、渡辺貞夫さん、日野皓正さん、そして、今年お亡くなりになった松岡直也さんなどですね。私が初めて日本のフュージョンのアルバムを購入したのは、松岡さんのLPレコードだったと記憶します。ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。

日本人ギタリストでは、高中正義さん、渡辺香津美さんなどが有名ですが、本日私が取り上げるのは、ギタリストの松原正樹さんです。この方は、有名なお二人に比べて、外見で損されていますね・・・・

後編に続きます。

本日は忘年会です!

寒いですね。今朝は雪が舞っていましたね。私は朝出勤途中に、右手でかばんを不自然な格好で持って走っていましたところ、急に首の筋違いが起こり、振り向こうとすると、身体こと動かさないと振り向けなくなってしまいました。いわゆる「寝ちがえ」と同様の症状です。現在も湿布を肩に貼っていますが、あんまり効果無いですね。

この寝違えに関して、インターネット上では、「腋窩神経の圧迫による」と書かれているのを多く見つけましたが、腋窩神経が支配している筋肉を考えますと、どう考えても、理屈には合いません。基本は安静しか無さそうです。

本日は、午前診が終わってから、スタッフ総出でクリニックの大掃除をいたしましたが、私は、ある会社の画像ファイリングシステムのデモを見させてもらいました。新しいディスプレイで、きれいな画像を見て、しかも早くサクサク動きます。非常に良いのですが、問題はその価格です。おそらく、目の玉が飛び出そうな金額を提示されそうで怖いです。

本日はこれから、当クリニックの忘年会です。首の筋違いは、アルコール麻酔で治したいと思います。アルコールが入って、痛みが麻痺してしまったことを、良くなったと勘違いして、はしゃぎ回ると明日は痛みが増しているかも知れませんね。

しかし、シラフで冷静な間は、そんなことを言って、自分で警告を発していますが、酔っ払うとそんなことを忘れて、予想どおりの失敗をしそうな気がします。

まあ、首の筋違いはそのうち勝手に治ります。少々失敗しても、治るのが長引くだけ・・・と開き直ることにします。

 

寒くなると血圧が上がります・・・

本日は雨ですね。天気予報では、夕方止むような予報だったのに、一旦止んでいた雨が今はまた降りだしています。帰宅して、また出かけようと思っておりましたが、この雨なので止めました。本日はおとなしく家に居ることにします。

この雨が止みますと、寒波襲来らしいです。明日・明後日は非常に寒くなりそうですね。明後日の大阪府の最低気温は氷点下の予想で、12月に氷点下になるのは珍しいことなのだそうです。

ただ今の外気温は6.5℃、室温は22.9℃、湿度は雨が降っているのに37%しかありません。マッハシステムで、エアコン一台点けて全館暖房をしております。

昨夜仕事が終わって22時ころクリニックを出ましたが、非常に寒かったです。仕事でなければ、こんな夜の寒い時に外に出たくは無いのですが、忘年会シーズンのため、普段の22時よりも多くの人が駅や電車に居ましたね。皆さん元気ですね。

その一方、「朝起きた時に寒くて、寝床から出られない」とか「朝起きて直ぐに血圧を測定すると、部屋が温まってなくて寒いから高い」などと言うお話を最近多く聞きます。部屋が寒くて、寝床から出られないくらいならまだ良いのですが、血圧が高くなるのならば問題です。

寒くなればなぜ血圧が上がるか?・・・・寒いために、熱が身体の外へ逃げるのを阻止しようとして、血管が収縮して細くなります。そうしますと、血管の断面積が小さくなり、血液を送るために圧力(血圧)が上がるのです。

特にお年寄りは、ヒートショックの原因になりかねませんから、起床前にタイマーで暖房させるか、エアコン等のリモコンを寝床のそばに置いておいてスイッチを点け、起床時に寒さを感じないようにすることが大切です。

幸いにして我が家では、朝起床時にこのような寒さを感じることは全くありません。飲み過ぎて夜中にトイレにいく時にも、寒さを感じないのはありがたいです。むしろ、家の中に居ては、外が寒いのかそうでないのかが分からず、どんな格好で外出するかの判断に困る、と言う贅沢な悩みを抱えています。

引っ越しを考えておられる方、家の新築や改築を考えておられる方は、私の過去のブログをお読みになり、お金をかけずに夏場・冬場を快適に過ごす住まいを考えていただきたいと思います。

太った人の糖尿病治療の根幹とは・・・・

本日は、良いお天気でした。ただ今の外の気温は5℃に対して、私の部屋は24.0℃あリます。湿度は下がって31%です。室温が高いのは、昼間太陽の光がまともに部屋に入って熱をもらっているからです。我が家は、真冬でも、日中晴れていれば、この時間くらいまでなら暖房は必要ありません。

良いお天気でしたので、昼間ブラブラと歩いて衆議院選挙の投票に行ってまいりました。どの候補者に投票して、どの政党に投票したかは言いませんが、少なくとも、飲み屋の姉ちゃんといさかいになり、警察沙汰になった人には投票しておりません。そのような人が、私の選挙区では立候補しており、最も優勢だそうです。こんな人が国会議員とは情けない限りですが、またそんな人に投票する人もどうかと思います。「私が住んでいる豊中市の民度が問われる」と言えば大袈裟でしょうが、単に「○○党を支持しているから」というだけで、○○党の候補者に投票するのはどうかと思います。しかし、だからと言って、なかなか候補者個人を見極めるのは難しいですけどね。

さて、昨日は糖尿病治療の勉強会に参加してまいりました。某大学の糖尿病の専門家が演者で、実際の患者さんに治療した経緯を、あれこれ教えていただきました。

その先生の考え方では、すい臓からインスリンがちゃんと分泌されている2型糖尿病の肥満症の患者さんの治療に関しては、まずは痩せていただくことを、第一に考えているそうです。一時的に糖尿病が悪くなっても、痩せれば、長期的には、メリットが大きいでしょうね。

糖尿病の治療では、インスリンを注射したり、すい臓のβ細胞からインスリン分泌を促す薬を使用したりすることがあり、これがかつては治療の基本でした。これらの薬で体内のインスリンが増えますと、そのインスリンの働きにより糖分が身体の中に取り込まれ、肥満になりやすくます。肥満になりますと、インスリン抵抗性が増し、インスリンがより効きにくくなります。つまり、ますますインスリンの量を増やす必要に迫られる、悪循環を起こすわけです。

したがって、肥満糖尿病患者さんが痩せることには、大いに意味があるのですが、体内のインスリンを増やさないようにして、インスリンが少なくて糖尿病が悪化してしまえば、本末転倒になります。難しいですよね。

ただし、それほど重度の糖尿病でなければ、少々糖尿病が悪化しても、痩せることを優先させて、インスリン抵抗性を解消して、それからまた治療して、糖尿病をコントロールできれば、そちらの方が良いかもしれません。これから、私もそれを重視した治療に変更してみようか?とも考えております。

ただし、肥満のある糖尿病の患者さんって、食べることが好きな人が多く、具体的に食事の量の指導をしても、何かと理由をつけて、それを守らない人が多いです。

しかし、太った人が、体重が落ちますと、それが良い動機付けになり、さらにダイエットに励み、さらに糖尿病が良くなることがあります。

そのような治療を目指したいですね。

ところが、昨日の演者の先生は、非常に恰幅の良い方でした。大学病院だから「痩せなさい」は通用しますが、クリニックで、こういう体型の方が「痩せなさい」と言っても、「先生もね!」と言われて全然説得力が無いです。

私も気をつけなければいけませんね。

 

年末・年始の休診のお知らせ

年末は12月30日(火)まで診療いたします。年始は1月5日(月)より診療を開始いたします。

ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。

仕事したなぁ~!・・・その2

本日はわりと暖かいですね。昼間外を歩いていますと汗ばみました。ただ今の外気温は10.5℃、室温は23.8℃、湿度は43%です。

本日は、午前診だけで、午後からは、関西医科大学附属滝井病院に行ってまいりました。滝井病院は、未だに紙カルテで、検査や処置や薬を出したりするのは、コンピュータを使用して院内ネットワークで送る「オーダリングシステム」なのですが、このシステムが今月から変わったそうです。そうしますと、初めて扱う私には何が何だかわかりません。教えてもらいながら、なんとかこなしましたが、患者さんを診察している時間より、オーダリングシステムで四苦八苦している時間の方が明らかに長かったです。

私が乳腺エコーをした患者さんは、乳がんにかかられた訳ではなく、単に疑いだけで検診を受けられている方のですが、半年に一度診察を受けておられるようです。次回半年後の予約を取りましたが、その予約を取るのも一苦労でした。半年後は、乳腺外科科長の診察を希望され、予約いたしましたが、その日は、マンモグラフィが撮影できず、別の日にマンモグラフィの予約だけをいたしました。「こんなことなら、ちょっと遠いけど、ウチのクリニックに来たらすぐに終わるのに・・・」と思いましたが、この患者さんは、その科長に診てもらいたいために大学病院通いをされているようですので、何も言いませんでした。

先月のブログで関西医大滝井病院での話を書きました。そうしましたら、もうかなり前になりましたが「With You 関西」の時に滝井病院のナースから、もうすぐ壁の上方の開いているところを塞ぐと聞きました。また、先日滝井病院に行った時、乳腺外科科長から「こんな部屋ですみません」と謝られてしまいました。どうやらお二人とも、私のブログを読んだようです。

しかし、新しい乳腺外科外来は、従来の外科外来から独立し、「ブレストセンター」という名前のついた単独の外来となったわけで、言わば昇格した形なのだそうです。前回「倉庫みたいな部屋」と書きましたが、それでも独立を果たしたわけで喜ぶべきなのでしょうね。

さらには、この乳腺外科科長の肩書が「教授」になりました。正確には、臨床(患者さんの診療)が優れていると認められた「病院教授」だと思いますが、それでも教授様です。お祝いしないといけませんね。本日は会いませんでしたが、今度彼に会ったら「教授!」と声を掛けたいと思います。

前回の続きを書くつもりでしたが、長くなりましたので、また次回にしたいと思います・・・・こうやって、ドンドン先延ばしになります・・・・まあ、長い目でお付き合いください。

車の運転は慎重に・・・・

本日もわりと暖かいですね。ただ今の我が家周辺の外気温は14℃、室温は24.6℃、湿度は41%です。良いお天気で湿度が下がってきましたね。

私は午前中家におりましたら、そのまま昼寝してしまいました。起きたらなんと夕方で、そこからあわてて出かけました。車で出ますと、良いお天気でしたので、案の定どこに行っても混雑しておりました。

17時をまわりますと、行楽地から帰宅する車で幹線道路は大渋滞で、私はそれを避けて裏道を走りました。豊中、箕面、吹田、池田辺りは、学生時代からあちこち自転車や車で走り回っておりましたから、裏道は熟知しております。しかし、現在の情報があふれるネット社会では、裏道の情報も知れ渡っていて、本当の裏道はもう存在しないのではないか?と思ったりしましたが、実はそうでもなく、結構スムーズに走れました。その代わり道が細く、結構図体のでかい車を走らせていますので、かなり気を使いました。

新しい車に乗り出して7ヶ月以上経ちますが、週に一回乗るか乗らないかくらいですから、未だに車幅感覚に慣れていません。その前に運転していた車も、結構図体がでかいのですが、その車だと、どんなに細い道でも平気で行けます。車幅が十分わかっていることもありますが、古い車なので、少々擦っても落ち込まないということもありますね。しかし、そういう車では、細い道で大胆に運転しても、擦ることがありません。

その車で昔高野山の裏道を走りました。車一台がようやく通ることができる道なのに、対向車がバンバン来るのです。上りの時は、対向車が来るたびに、道を譲るために、細い道をバックして、譲れるところまで戻りました。車が交差できる場所もギリギリすれ違う事ができるところで、しかも、切り返すことができるスペースもありません。バックで車幅ギリギリに止める必要があります。それを10回以上繰り返しましたが、車は全く無傷でした。その時は「私って運転の天才?」などと自惚れましたが、新しい車を未だにこわごわ乗っている自分を鑑みて、「運転上手くないのかな・・・」と自信喪失しております。

しかし、それくらいこわごわ運転したほうが人身事故を起こさないと思います。人身事故を起こすくらいなら、自分の車をぶつけるくらい、なんてことないです。

 ・・・・そんなことを書きながら、本当に車をぶつけたら、思いっきり落ち込むだろうなぁ・・・・

中途半端ではありますが・・・

本日は、わりと暖かかったですね。ただ今の外気温は13℃あり、室温は24.2℃あります。

3日前のブログで、「忙しい」と書きましたが、それは現在も続いております。

本日は一週間ぶりにスポーツクラブに行き、その後研究会の掛け持ちをいたしました。

スポーツクラブでは、二時間くらい運動しましたが、一週間ぶりなのに、もしくは一週間ぶりだからか、結構ハードに頑張ったら、バテバテになってしまいました。運動不足なのに、たまにスポーツクラブに行きますと、その不足分を取り戻そうと頑張るために、バテてしまうわけですね。これが身体に良いとは思えませんが、これは私の性分なので直らないでしょうね。

その後、研究会の掛け持ちをいたしました。最初は糖尿病の研究会に参加し、その後、以前から興味を持っておりました脳血管内治療の研究会に参加いたしました。私が学生時代には、「脳血管内治療」 などという言葉はなく、もちろん講義にも全く出てきませんでした。

その研究会では、大阪医大の脳神経外科の先生と親しくお話をさせていただきましたが、その内容などに関しましては、また後日機会がありましたら報告いたします。

0時を回りそうで、眠くなってまいりましたので、中途半端な気がいたしますが、本日はこのへんで・・・・

乳がん検診の予約枠を増やしました!

寒いですね。今晩はこの秋で一番寒いのではないでしょうか?最近朝晩非常に寒く、そのためか風邪で当クリニックに来られる方も多いです。ただ今の我が家の外の気温は8.0℃、室温は20.1℃、湿度は45%です。

さて、最近非常に忙しく、ブログを更新する時間が・・・・全くないわけではありませんが、その気力が湧きませんでした。しかし、先週土曜日は、久しぶりに、午前診が終わってからの予定がありませんでしたので、午後からスポーツクラブに行ってまいりました。15時前から18時過ぎまでみっちり運動しましたが、途中で左ふくらはぎがこむら返りを起こし、運動不足を痛感いたしました。

患者さんには、「運動が大事、運動することで健康になる」みたいなことをよく言うのですが、言うは易し行うは難しで、自分自身は、積極的に運動することが億劫なので、スポーツクラブに行きますと、スタジオプログラムに参加して運動しています。走るのは好きなので、ランニングマシーンなどで走ったりしますが、筋トレは嫌いで、すぐ飽きてしまいますので、筋トレのスタジオプログラムに出ています。嫌いな筋トレですが、いやいやながらも続けていますと、本日自分の身体を見てみますと、筋肉質になったような気がしています。

今週に入ってから、また運動ができておりません。今週土曜日は、夕方に研究会がありますが、昼間のわずかな時間にでも、スポーツクラブに行って運動したいと思っております。

最近忙しいのは、駅前で交通の便が非常に良いので、インフルエンザの予防接種が多いことが理由の一つですが、最近乳がん検診もかなり増えてきているのも理由の一つです。そのため、乳がん検診の予約枠を午前診も午後診も増やしました。それでも12月初めまでほとんどいっぱいだそうです。そのため、お急ぎの方は、お待たせしてしまうかもしれませんが、予約なしでお越しください。

よろしくお願い申し上げます。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 107 108 109 Next
  • 乳がん検診Q&A
  • 乳がんQ&A
  • 禁煙外来Q&A
  • 肝臓病Q&A
  • 院長ブログ
  • QRコード

    QRコード
    モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください