風しんにご注意!

本日夜はすごい雨ですね。本日は勉強会に行っておりましたが、帰りは土砂降りの雨でした。梅雨が本格的になりましたね。それにしても今年は雨が多いです。

さて、少し情報が遅いですが、関西地方で風しんが流行しております。

先日風しんの予防注射を受けに来られた方に「風しんが流行しているようですね。」というお話をしますと、「えっ!先生、ご存知なかったのですか?」と言われてしまいました。

私は「いや別に知らなかったわけではないのですが、話の振りとしてそのように言っただけで・・・」と言いたかったのですが、言い訳がましく聞こえるのが嫌だったので、何も言いませんでした。

それくらい、風しんの流行は話題になっている、ということですね。

風しんは、昔の人には「三日ばしか」と言ったほうがわかりやすいと思います。風しんは、飛まつ感染で、咳やくしゃみのしぶきから感染いたします。伝染力はそれほど強くなく、感染しますと2~3週間のちに発疹が出始めます。それほど重篤にならずに治りますが、怖いのは妊婦さんが感染した時です。

妊娠初期に感染いたしますと、生まれてくる新生児にさまざまな奇形や障害をもたらす先天性風疹症候群にかかってしまうことがあります。先天性風疹症候群は、心臓や脳は眼・耳などに様々な障害を及ぼす可能性があります。

これから妊娠しようと思われている方や妊娠初期の方で、明らかに風しんにかかった記憶のない方は、風しんの抗体を調べるか、風しんの予防接種を受けなければいけませんね!

  • 乳がん検診Q&A
  • 乳がんQ&A
  • 禁煙外来Q&A
  • 肝臓病Q&A
  • 院長ブログ
  • QRコード

    QRコード
    モバイルサイトはこちらのQRコードよりご覧ください